タクシーの運転手の仕事に就くには

タクシー運転手として働くためには、普通自動車第二種運転免許が必要です。ただしほとんどのタクシー会社では二種免許の取得費用を負担してくれるため、会社に就職する時点では免許を取得している必要はありません。ただし第二種運転免許を取得するには、第一種運転免許を取得して3年以上経過していることが条件です。そのためほとんどのタクシー会社の求人条件は、「一種免許取得後3年以上」となっています。

法人タクシーと個人タクシーの違いを比較!

売り上げ面での違い

個人タクシーの場合、自身で稼いだ売り上げは全て自分のものです。売り上げから必要経費を引いた金額が、儲けとして手元に残ります。一方、法人タクシーの場合は経費を自分で支払う必要はありません。しかし売り上げの中から一定割合分を会社に納めなければなりません。

時間の自由度が違う

法人タクシーは会社勤めであるので、決まった時間に営業所へ出勤します。出勤日や労働時間も定められているので、自由度があまりありません。一方、個人タクシーの場合は時間に対する由度が高く労働日数や時間を自分の裁量で決めることができます。その分、自分を律する厳しさが必要です。

タクシーの運転手に必要な資格

先述したようにタクシー運転手になるためには、普通自動車第二種運転免許を取らなくてはなりません。二種免許とは、タクシーなど旅客用自動車に乗客を乗せて運ぶ目的で運転をする場合に求められる免許です。また東京など一部の地域では、地理試験にも合格する必要があります。

個人タクシードライバーと法人タクシードライバーに必須な資格

タクシーのおもちゃ

タクシー運転手の仕事が人気の理由

タクシー運転手が人気である理由に働く時間が挙げられます。
タクシー運転手の働き方は1日乗務して翌日休む「隔日勤務」、昼間だけ働く「日勤乗務」、夜間から早朝に乗務する「夜勤常務」などです。自分の生活スタイルに合わせて勤務形態を選択できるので、プライベートを充実させやすくなっています。また基本的に勤務時間中は1人で行動することになります。職場の人間関係でストレスを感じやすい人達の支持が高い職業でもあります。

ドライバー

東京でタクシー運転手の求人を探す方法

東京都内には大小さまざまなタクシー会社が存在し、その数は400を超えているといわれます。働く職場の選択肢が広がる分、どの会社に就職するか悩んでしまいます。東京でタクシー運転手の求人を探す時は、求人サイトに登録すると情報収集が楽です。
但し求人サイトも色々あり、それぞれに特徴があります。ドライバー専門の求人サイトがあれば、大手の人材会社が運営している求人サイトもあります。特徴や強みをチェックして登録すると、求人探しがスムーズです。

タクシー

採用されるためのコツ

タクシー運転手として採用されるためには、記憶力・コミュニケーション能力・向上心の有無などが重要視されます。
接客業である以上、乗客とのコミュニケーションを大切にしなければなりません。新しい土地やその土地の名物やトレンドなどを覚えることも、コミュニケーションをとる上で重要です。実直で向上心があれば、このようなことも覚えることができます。更に、体力作りや自己管理も長く仕事を続ける上で必須です。何故なら勤務時間が長引けば体力が必要となるからです。

広告募集中