HOME>人気記事>秘書の仕事内容をきちんと理解して求人に応募しよう

秘書の仕事内容をきちんと理解して求人に応募しよう

男性

秘書の仕事内容

秘書とは社長や役員・政治家や弁護士などにつき、庶務の管理や処理を主な仕事内容とします。
社長をはじめ企業や団体のトップについている人たちは、重要な仕事を抱えていて常に忙しく、また外部の人たちと会う機会が少なくありません。そこで秘書が代わりにスケジュールの調整や管理を行うことで、トップの人たちがスムーズに仕事を進められるように補佐します。電話応対や書類作成などの仕事が多く、事務スキルが求められます。また取引先に外国人が多い場合は、英語などの語学力が必要です。

秘書の求人を探す上で重視するポイント

JOB

秘書としての経験は重要か

人材派遣会社などに登録すれば、秘書の求人を紹介されることがあります。そのときに重視したいのが、秘書の経験が必要であるかです。何故なら上司の窓口として業務をするので、基本的なビジネスマナーが求められるからです。
経験があれば即戦力として働くことができますが、未経験であれば秘書の経験に匹敵するようなスキルを伝えておくと良いです。

資格は重視されるのか

秘書の仕事に関連する資格として、「秘書技能検定」「CBS検定」などがあります。これらの資格を持っていると、秘書として必要なビジネスマナーを持っている証明にはなります。
しかしこれらの資格が絶対に必要というわけではなく、求人の中には資格不問という案件も少なくありません。

語学力は必要か

秘書に対して英語力など語学力を採用条件にしていない企業も少なくありません。しかし近年はグローバル化が進み、海外に進出する企業が増えています。そのような場合でも秘書として柔軟に対応するために、語学力を身につける勉強が必要になるかもしれません。また一定の英語力を必要とする場合、大体TOEIC650点程度の基準となりますが、これは企業によって異なります。

広告募集中